“乳呑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちの93.8%
ちのみ6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『な、なにをいうのじゃ』と、お菅は、懐中乳呑みでもうように、又、母性の聖厳を、髪の毛に逆だてて、叱咤するかのように
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
生れて間もないらしい乳呑を抱えていたが、外にもう一人、六つぐらいになる男の児が彼女のうしろに含羞みながら食っ着いていた。
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
娘達の乳呑時代に、半年ほど離れ家へ抱へたお光といふ乳母(今はその乳母の為めに、離れ家を聯想するのさへ嫌であるが)は二十五六で、商家の出戻り娘であつた。
老主の一時期 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)