“聯想”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
れんそう92.7%
れんさう7.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
猿沢夫人は痩せぎすの、敏捷そうな身体つきの女性です。顔は美しいけれどもやや険があって、それは牝豹か何かを聯想させました。
Sの背中 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
私がその第一印象に鬼の念仏を聯想したというのも、つまりその雅懐から生ずる田中さんの持つ微笑が然らしめたのではあるまいか。
西隣塾記 (新字新仮名) / 小山清(著)
なぜなら、そのなかに使用はれた「もくろみ」といふ言葉が、彼等の間ではて直ちに『失敗』といふことを聯想させるものであつたから。
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
なくも、昨夜ローマからの滊車んだ『小公子』といふ小説の、あのらしい/\小主人公聯想した。