山浦清麿やまうらきよまろ
『のぶ。——刀箪笥を見てくれい』 袴の紐を締め終って、懐紙、印籠などを身に着けながら、柘植嘉兵衛は、次の間へ立つ妻の背へ云った。 『——下の抽斗じゃ。この正月、山浦真雄が鍛ち上げて来た一腰があるじゃろ …
作品に特徴的な語句
裸足はだし 夜叉やしゃ きず 深傷ふかで 御家人ごけにん 坩堝るつぼ 逐電ちくてん 闡明せんめい 披瀝ひれき 足利あしかが きぬた 香港ホンコン 波瀾はらん 鞭撻べんたつ 木挽こびき 生木なまき 皆目かいもく ろく さて 四谷よつや 緑青ろくしょう 素袷すあわせ 彗星すいせい 木魂こだま 烱々けいけい 遙々はるばる 湮滅いんめつ 轟然ごうぜん 舎人とねり 井戸端いどばた 足掻あが 情誼じょうぎ 嫉視しっし 行火あんか かご 湯女ゆな 手土産てみやげ 碓氷うすい 眠気ねむけ 不肖ふしょう 老獪ろうかい 取做とりな 遜色そんしょく 鍛冶かじ 灼熱しゃくねつ 起臥おきふし 飄々ひょうひょう 遺恨いこん 虎視眈々こしたんたん 小禽ことり 愈〻いよいよ 雪隠せっちん 発矢はっし 遺書かきおき 嘲罵ちょうば ふいご 吩咐いいつ 死人しびと 無性ぶしょう 介錯かいしゃく 呼息いき 招聘しょうへい 端麗たんれい 量見りょうけん 総身そうみ 苦衷くちゅう 転寝うたたね りん あつ 刮目かつもく 善悪よしあし 奸策かんさく 小粋こいき 心底しんてい 交〻こもごも 稚気ちき 陣笠じんがさ はがね 御用ごよう 真昼まひる 焔硝えんしょう 芋粥いもがゆ 養蚕ようさん 雪解ゆきげ 仰飲あお 柘植つげ 夜業よなべ 利鎌とがま あんず 飛脚ひきゃく 性根しょうね 内密ないしょ 初春はる 渡世とせい 目企もくろ すげ 見事みごと 頭取とうどり