山浦清麿やまうらきよまろ
『のぶ。——刀箪笥を見てくれい』 袴の紐を締め終って、懐紙、印籠などを身に着けながら、柘植嘉兵衛は、次の間へ立つ妻の背へ云った。 『——下の抽斗じゃ。この正月、山浦真雄が鍛ち上げて来た一腰があるじゃろう。二尺六寸ほどな物で、新しい木綿に巻き …
作品に特徴的な語句
もてあそば ささや うた づか しも 黎明あけ 可憐しおら 恟々どきどき あげ てめえ おり すげ だま 囈言たわこと 退 げん うしろ 故郷いなか 彼方むこう ぎょう むこ 嬰児やや づら つぶ ぼり たがね ほし なつか ちゃ 提灯かんばん 兄弟ふたり 断崖きりだし いた たまき よそ そら おめ ふり かん うしろ 口惜くちお 博奕わるさ もと 清人きよひと 平常へいぜい くら かね もの ぬり ぬの こら こお すさ 此家このや 正行まさゆき たい なに くう 寝床とこ じょう かえりみ がた すぐ かか にく まな 将来さき 起臥おきふし うり 弓鳴ゆなり