“追”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
74.4%
おっ11.1%
2.8%
おい2.6%
おつ2.6%
おひ2.3%
おは0.9%
おッ0.6%
おツ0.6%
ひき0.6%
おへ0.3%
せま0.3%
0.3%
やら0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ると、生徒らは、って廊下からへとかけしました。そのとき、一は、先生教員室へいかれるったのです。
僕が大きくなるまで (新字新仮名) / 小川未明(著)
尚その命令書には『後日何等カノ命令アルマデハ本件ニ関シ総指揮官部へ報告ニ及バズ』と但書を書くから、予め諒承ありたい
自分は蛇が見たいから、細い道をどこまでもいて行った。爺さんは時々「今になる」と云ったり、「蛇になる」と云ったりして歩いて行く。しまいには
夢十夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
お婆さんと見えたのは美留藻が化けたので、今ドンドン流れて行く果物と、それをかけて行く紅矢を眺めて気味悪くケラケラと笑いました。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
このあひだ、どこの犬だか、お向の家のチヤボをかけたのよ。お隣のお庭の方へ行つたから、わたし棒を拾つて追つかけて行つたのよ。
来訪者 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
「我がの我をけり」と人之をふ時は紙鳶幽靈かと石地藏追剥かとくがし然ば大橋文右衞門の女房お政はの身の上を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
用意雨具甲掛脚絆旅拵へもそこ/\に暇乞してへ立出菅笠さへも阿彌陀るはよりるゝ無常吹降桐油へ提灯の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
(ああ、われこそは心に、なく邪慳無道であったずれ。耳うときものの人十倍、心のひがむを、なりとて、神にも人にも許さるべしや。)とつけ、慚愧後悔をするのです。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
こりやらぬと、くるり體をブン廻して、また室の中を歩き廻つて見る。そして氣を押鎭めやうとするのであるが、何か後から立てゝ來るやうに思はれて、何うにも落着かぬ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
馬車の老爺は丁度厩の前で乾秣を刻むところであつた。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
らかに申立よと有りしかば長庵然らば言上仕つり候は私し事忠兵衞のと久しく密通致し居候處煩腦ども去らずに先月の半頃忠兵衞に見顯はされ面目も無き次第故私しも覺悟を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
大統領は、例のねちねちした云い方で、金博士にった。そのとき金博士は言下に応えた。
われて来たんだべよ。——見れ、弱ってる!」
不在地主 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
かれ大后この御歌を聞かして、いたく忿りまして、大浦に人を遣して、追ひ下して、よりひたまひき。
れてはじめての! 從者もつれずりはじめの七かと物珍らしくおもしろかつたが、段々つて澤山のくるしいことやしいことが、るところに待伏
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
イアテルヨリハ、ワガ思念開陳体系ミチチテリ、アラワナル矛盾モナシ、一応首肯スレバ、我事オワレリ、白扇サットヒライテ、スネノウ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)