“体系”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
システム50.0%
タイケイ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょっ、わたしはあなたに体系を説明するとき、つい早まって、このいまいましい要求なんてことを口にしたのが、実にしゃくにさわる。
実のところ、そうした教理とか、思想とか、体系とか(こういうものでレベジャートニコフは彼に突撃して来たのである)
イアテルヨリハ、ワガ思念開陳体系ミチチテリ、アラワナル矛盾モナシ、一応首肯スレバ、我事オワレリ、白扇サットヒライテ、スネノウ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)