“我事”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わがこと75.0%
ワガコト25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
胸痛きまでの悲しさ我事のように鼻詰らせながら亭主に礼いておのが部屋れば、気がは床の間に二タ箱買ったる花漬脱ぎかえてりと横になり
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
人事我事分別をいふはまだし、のみはしるく、まへのけじ氣性勝手りてのやうなをこしらへぬ、氣違街道ぼけ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
イアテルヨリハ、ワガ思念開陳体系ミチチテリ、アラワナル矛盾モナシ、一応首肯スレバ、我事オワレリ、白扇サットヒライテ、スネノウ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)