たけくらべ
廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お齒ぐろ溝に燈火うつる三階の騷ぎも手に取る如く、明けくれなしの車の行來にはかり知られぬ全盛をうらなひて、大音寺前と名は佛くさけれど、さりとは陽氣の町と住みたる人の申き、三島神社の角をまがりてより是れぞと見ゆ …
作品に特徴的な語句
むま をわり 微笑びしよう ゆつ おゝ こゝも いか ふく 仕舞 いつ どれ あぐ ひた あほ 女郎ぢよろう そむ 彼方こなた 故郷こけふ みやう 利益りゑき あつ ぢう ぢき さげ つツ 背負せおい いゑ やし 女郎じよらう 女房つま くわ とゝ 祖母ばゞ どく かゝ けう ちやう 遊女ゆうぢよ まをす 眞實ほんに 祖母ばゝ なき 根生ねを 勘定かんでう みづ むかう なほ あげ うま とほ 何方どこ おほ 洒落しやら 法師はうし わき 仕舞しまつ ちつ ぢよう うし たり てう どう まをし あらは ぐわん きて ゆう 此樣このひやう 正月しようぐわつ しよう 兄弟けうだい 日暮ひく ぷく なつ 恥辱ちゞよく ごゝろ 可憐いぢら おい 女房にようぼう 夕暮ゆふぐ いづ とこ ほう 其方そちら いづ いきほ もど どんも どほ 商賣しようばい いぢ しやう つか とゞ
題名が同じ作品
たけくらべ (新字旧仮名)樋口一葉 (著)
たけくらべ (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)