たけくらべ
廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お齒ぐろ溝に燈火うつる三階の騷ぎも手に取る如く、明けくれなしの車の行來にはかり知られぬ全盛をうらなひて、大音寺前と名は佛くさけれど、さりとは陽氣の町と住みたる人の申き …
作品に特徴的な語句
御機嫌ごきげん 薩摩さつま 無駄むだ 足駄あしだ 溝板どぶいた 不機嫌ふきげん 石燈籠いしどうろ 韋駄天いだてん 物識ものしり 庫裏くり 諸共もろとも 其時そのとき 未練みれん 後家ごけ 看板かんばん 美事みごと 冷汗ひやあせ 檀家だんか ひろ 手足てあし 半襟はんゑり のこ やすけ 不足ふそく 八百屋やをや らち 子細わけ 華魁おいらん 御法度ごはつと 見渡みわた 思案しあん 懷中ふところ 際立きわだち 山車だし 年頃としごろ 並木なみき 敷居しきゐ 音頭おんど 座敷ざしき 詮方せんかた 年寄としよ 世話せわ 窮屈きうくつ 仲人なかうど 親切しんせつ 内證ないしよう 大工だいく 三人みたり ちう 片手かたて 呑込のみこ 身體からだ 奉公ほうこう 島田しまだ 御存ごぞん 汁粉しるこ おく 夕日ゆふひ 赤蜻蛉あかとんぼう 鼻緒はなを だま 人目ひとめ 用意ようい 道端みちばた すみ 心得こゝろゑ 見廻みまわ 勉強べんきよう 單衣ひとへ 方角ほうがく 烟草たばこ 十露盤そろばん 墨染すみぞめ おん 瓦斯燈がすとう 口上こうじよう とく 分別ふんべつ 後影うしろかげ 紺屋こうや 舌打したうち 表向おもてむ 足音あしおと 四隣あたり 風説うはさ こわ 其人そのひと 名高なだか 引導いんだう 我身わがみ 沈着おちつき 人中ひとなか 南無なむ 此上このうへ 神輿みこし 細道ほそみち 太夫たゆう
題名が同じ作品
たけくらべ (新字旧仮名)樋口一葉 (著)
たけくらべ (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)