たけくらべ
廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お歯ぐろ溝に燈火うつる三階の騒ぎも手に取る如く、明けくれなしの車の行来にはかり知られぬ全盛をうらなひて、大音寺前と名は仏くさけれど、さりとは陽気の町と住みたる人の申き、三嶋神社の角をまがりてよりこれぞと見ゆ …
作品に特徴的な語句
むま ゆつ ほを ちよう いつ あぐ 真実ほんに ひた 一寸ちよと 湿しつ そむ 彼方こなた ぐはん まうす しやく 女房つま くわ 令嬢むすめご かか ちつ 洒落しやら とと おほ 何方どこ ぶち はッ おい もの じき 同胞きようだい ぷく 処々ところところ つッ とこ いゑ つか つゐ 容貌きりよう 家主いゑぬし そや 如法によほう いぢ どんも 可憐いぢら 臨終おしまい おのづか かう ゆき いづ 内儀かみさま 其方そちら いづ 万一ひよつと もど 頭髪つむり ほう どほ こわ 横町よこてう やう 良人おつと 卑怯ひきやう 此方こち 勢力いきほひ 柔和おとなし ささ はづ 口惜くちを 暫時すこし いだ はい かた しほ たた 温順をとな 其方そつち よみ あはれ 嬰子やや あせ にぎは 追従つい 懐胎もうけ おび とつ 悉皆しつかい 手前てめへ 謝罪あやまつ なほ 急遽あわただ おほ かしこま
題名が同じ作品
たけくらべ (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)
たけくらべ (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)