たけくらべ
廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お齒ぐろ溝に燈火うつる三階の騷ぎも手に取る如く、明けくれなしの車の行來にはかり知られぬ全盛をうらなひて、大音寺前と名は佛くさけれど、さりとは陽氣の町と住みたる人の申き、三嶋神社の角をまがりてより是れぞと見ゆ …
作品に特徴的な語句
むま そば どれ ひた そむ 彼方こなた 女房つま くわ 草鞋ざうり 祖母ばゝ 眞實ほんに 洒落しやら ぶち どう おい 臨終おしまひ たゝ とこ いぢ 内儀かみさま 女王によわう しつ そや もど どんも 可憐いぢら よみ 暫時すこし なほ かしこま あせ 柔和おとなし おと 此方こち 巡査おまはり かた 嬰兒やゝ すゞ そゝ たつた 勢力いきほひ 頭髮つむり 現象さま 衆人おほく 後刻のちかた 何故なに いへ さん 何樣どんな あから 平常つね 中途なかたび かゝ 遊女つとめ ほん 女郎めらう しを 女子をんな はッ 無情つれなき かゞみ 痘痕みつちや 鑑定めきゝ 人氣じんき 木兎みゝづく 書物ほん 自身みづから 同胞きやうだい 謝罪あやまり 七月なゝつき 爽快さつぱり なり 命令いひつけ 提燈かんばん 樣子さま きは 廓内なか 箒目はゝきめ 財産たから いつも 此樣こんな 萬一ひよつと 酸漿ほゝづき 鼈甲べつかう 老爺おやぢ 女郎ぢよらう 海草みるめ 女房かみさん ぶん
題名が同じ作品
たけくらべ (新字旧仮名)樋口一葉 (著)
たけくらべ (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)