“廓内”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かくない39.3%
くるわうち28.6%
なか17.9%
くるわない7.1%
くるわ3.6%
カクナイ3.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
敵性人は絶対にいないはずの廓内でも、防諜上には、日夜細心な警戒を怠っていない。これだけは例外なく、どこの城も同じといえる。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そうした舞妓時代を経ないものは、祇園の廓内でも好い位置を保てないのが不文の規則なのだ。出入りのお茶やにも格があったのだ。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
お前は知らないか美登利さんの居る処を、己れは今朝から探してゐるけれど何処たか筆やへも来ないと言ふ、廓内だらうかなと問へば
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「へえへえ。三ツ屋の亭主ならば手前でござります。いつもながら御健勝に渡らせられまして、廓内の者一統悦ばしき儀にござります。近頃は一向イタチの道で、いや、一向五丁町へお越し遊ばされませぬが何か——」
別世界は別世界相応の話柄の種も尽きぬものか、朋輩悪評が手始めで、内所の後評廓内の評判、検査場で見た他楼の花魁の美醜、検査医の男振りまで評し尽して、後連とさし代われば
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
ソレト共ニ『パチノ』ノ墓穴ニ関スル重要書類ハ紛失シ、只本国ヘ送リタル二三ノ通信ト『パチノ』ノ墓穴廓内ノ建築図トヲ残スノミナリ——というのです。聞いてますか、青竜王
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)