モルガンお雪モルガンおゆき
まあ! この碧い海水の中へ浸ったら体も、碧く解けてしまやあしないだろうか—— お雪は、ぞっとするほど碧く澄んだ天地の中に、呆やりとしてしまった。皮膚にまで碧緑さが滲みこんでくるように、全く、此処の海は、岸に近づいても藍色だ。空は、それにもま …
作品に特徴的な語句
令嬢マドモアゼル すべて なご りょう 各自たがい 附合づきあい わず もの うち ぼん もの だて 老女ひと こだ そら 夫人ひと 清国くに かた 人魚ニンフ 碧緑みどり 愛人おとこ つら きら よろ 都会とち はね 夫人マダム やま よそ うる ひそか あかる いで なつか そら 女性ひと うしろ いや ちゃく 禿かむろ 殿しんが 歌妓かぎ かご 日光ひかげ 芸妓げいこ 情人おとこ 西京こちら 小屋こいえ かけ 季節シーズン とお あが あや 夫人おくさま 何処いずく つる ぬぐ 下髪さげがみ 盤台ばんだい とも 破棄やぶり 碧緑あお 碧藍あお 海水みず 饒舌じょうぜつ 筆者わたし 根引ねび せり たば 新造しんぞう じっ ばち かげ はか ひと 打明うちあけ 恥辱はじ こわ おん 廓内くるわうち にぎや 金高かねだか 平日ふだん 種々いろいろ