モルガンお雪モルガンおゆき
まあ! この碧い海水の中へ浸ったら体も、碧く解けてしまやあしないだろうか—— お雪は、ぞっとするほど碧く澄んだ天地の中に、呆やりとしてしまった。皮膚にまで碧緑さが滲みこんでくるように、全く、此処の海は …
作品に特徴的な語句
祇園ぎおん 従容しょうよう 近衛このえ 眉目びもく 山麓さんろく 頑張がんば なし 尾張おわり 新造しんぞう うめ 纏綿てんめん 太夫たゆう 小姓こしょう 琅玕ろうかん 胡弓こきゅう 日清にっしん 舞妓まいこ 青褪あおざ 鳥目ちょうもく 無代ただ からだ 女将おかみ 果物くだもの 恥辱はじ 伊太利亜イタリア 建築物たてもの 竜宮りゅうぐう 凱旋門がいせんもん 寺内じない 鴨川かもがわ 吾妻あずま 白堊はくあ 観音かんのん 見初みそ 観世音かんぜおん 真心まごころ 小屋こいえ 仲居なかい せり 小砂利こじゃり 都会とち 大暴風雨おおあらし 花車だし 季節シーズン 金高かねだか 召物めしもの 洛外らくがい 盤台ばんだい 岩窟がんくつ 花柳かりゅう 日光ひかげ 下髪さげがみ 歌妓かぎ 面伏おもぶ 刀鍛冶かたなかじ 面皮めんぴ 慰撫いぶ 打明うちあけ 吉野よしの 紅葉館こうようかん 生殺なまごろ 謝絶ことわ 廓内くるわうち 平日ふだん 附合づきあい 先斗町ぽんとちょう 情人おとこ 定法じょうほう 保津川ほづがわ 出養生でようじょう 清国くに 竜燈りゅうとう 米国アメリカ 縄手なわて 代金しろきん 筆者わたし 清教徒ピュリタン 西京こちら 逃路にげみち 人魚ニンフ 地中海うみ 室中へやじゅう 根引ねび 水銹みさび 海水みず 破棄やぶり 結納金ゆいのうきん 金雀児エニシダ 老母としより 老女としより 碧緑みどり 手生てい 潚洒しょうしゃ 胡北こほく 令嬢マドモアゼル 心情こころ 愛人おとこ 旅行者エトランゼ 西洋婦人ひとたち 魚躰からだ