“碧緑”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
へきりょく55.6%
あお11.1%
あおみどり11.1%
あをみどり11.1%
みどり11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“碧緑”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本8.3%
芸術・美術 > 工芸 > 工芸8.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
島の多くは珊瑚礁さんごしょうで、岸辺の浅い所は碧緑へきりょくの美しさを呈します。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
碧緑へきりょくとも紫紺しこんとも思われて、油を塗ったような光沢がある。
皮膚にまで碧緑あおさがみこんでくるように、全く、此処ここの海は、岸に近づいてもあい色だ。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
けれども、羽に碧緑あおみどりつや濃く、赤と黄のを飾って、腹に光のある虫だから、留った土がになって、磨いたように燦然さんぜんとする。
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いろ五百機いほはた碧緑あをみどりつて、濡色ぬれいろつや透通すきとほ薄日うすひかげは——うちなにますべき——おほいなる琅玕らうかんはしらうつし、いだくべくめぐるべき翡翠ひすゐとばりかべゑがく。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それが、明澄な碧緑みどりの空気の中におくと、広い額の下に、ふっくらした眼瞼まぶたに守られた、きれ長な、細い、長い眼が——慈眼そのもののような眼もとが、モルガンが日本で見た、白磁の観世音かんぜおんのそれのようだった。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)