灯明之巻とうみょうのまき
「やあ、やまかがしや蝮が居るぞう、あっけえやつだ、気をつけさっせえ。」 「ええ。」 何と、足許の草へ鎌首が出たように、立すくみになったのは、薩摩絣の単衣、藍鼠無地の絽の羽織で、身軽に出立った、都会かららしい、旅の客。——近頃は、東京でも地方 …
作品に特徴的な語句
でっか あん おち はなし あい えがく がけ もみ 可憐しおら たた ぶり 女房かみ 退しさ あし おど しえた かため もうで れん 有無ほど おさめ たいら うっ 瑞西スウィッツル 草生くさっぱ あら おそろ じん かか むこ 可怪あやし たわわ うも 見当みあて おそれ かつ くら 退さが くわ 無人ぶじん 前途むこう もえ きれ つくば 神巫おみこ まさ 花瓶はながめ おおき 女中ねえ さげ こうべ 価値ねだん さわやか 茅屋かやや ふく なまめ おもい 淡泊あっさり 一切ひときれ しわぶき さかさ こまか あぜ 可笑おかし あが はし ゆら おし 言伝ことづけ 手弄てなぶ つの 小県おがた 洒落しゃ れん 碧緑あおみどり 希臘ギリシア よそおい こけら 衿飾きんしょく わか はり わき あらた 午飯おひる 線香せんこ めん おおい ひしゃ ばば