“言伝”のいろいろな読み方と例文
旧字:言傳
読み方割合
ことづて48.0%
ことづ28.4%
ことづけ12.2%
いいつた4.7%
ことづか3.4%
ことつて2.0%
いひつた1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
別れた頃の苦しさは次第次第に忘れたが、ゆかしさはやはり太郎坊や次郎坊の言伝をして戯れていたその時とちっとも変らず心に浮ぶ。
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
室子が此間じゅう、一寸風邪をひいたと昨日言伝けたのを口実に、蓑吉は早速母親にせがんで、見舞いに来さして貰ったのだった。
(新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「皆さん、どうか、お引取り下さい。とんだ御迷惑でした。それから町役人にそう言って、ここへ来るように言伝をお願いします」
この一首の言伝えが面白いので選んで置いたが、地方に出張する中央官人と、地方官と、遊行女婦とを配した短篇のような趣があって面白い歌である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「御城下の盛り場に唐人小路というところがある。そこで明日から小屋きになる曲独楽嵐粂吉という太夫さんから言伝って来たんだが……」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私は先日の取りかへしをする積りで心しく、イソ/\して居るへ私の従妹二人から言伝があつて、る日の午過に遊びにくるといふことでした。
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
同一医者死絶えた、さればかやうな美女片田舎れたのもがはり、がはりの前兆であらうと、土地のものは言伝へた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)