南京六月祭なんきんろくがつさい
ひどく東邦風なジャンクを模様にした切手を四枚も貼つて——北京から私のところへ小包が来た。差出人は満鉄公処秘書課塩崎龍夫、塩崎は私の旧友なのだ。副業ともいふべき支那語がうまいので、それに支那の生活が味はひたさに満鉄に入つて、副社長付の通訳をし …
作品に特徴的な語句
ボオイ 真向まつか かを 下手まづ 高粱かうりやん しほ かたはら 厨房ちゆうばう こは 水溜みづたま ぢい すぐ たづ とざ 両袖りやうそで 傀儡くわいらい わづ 可愛かはい こは わづら 戯談じやうだん はふ 苦力クウリイ 饒舌しやべ 一寸ちよつと 一盃いつぱい 乾隆けんりゆう ほろ 仰有おつしや まゝ すなは いと 口吻こうふん 可笑をか 吃驚びつくり 吹聴ふいちやう 哄笑こうせう しやべ うはさ さゝや 団扇うちは 夕闇ゆふやみ 天橋テンチャオ きら さき つい まち きれ ふく なま 愛妾あいせふ こぞ 揶揄からか 揷話さふわ ゆす 日除ひよ 欝陶うつたう 江蘇かうそ とも 絨氈じゆうたん かゝ がた しうと なり 見逃みの わか ごと なまり しきゐ 雑沓ざつたふ 骨董こつとう 下手へた 仄暗ほのぐら 仕度したく 侍僕ボオイ うつむ おれ ところ 出逢であ わか 勿論もちろん 北京ペキン いや くち 古稀こき 可憐かれん 合歓ねむ 呑気のんき つぶや