“北京”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ペキン88.5%
ぺきん3.3%
ほっけい1.6%
ホッケイ1.6%
ほくけい1.6%
フイキン1.6%
ペーピン1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
北京へ行ってからも芝居小屋に二度入ったが、やッぱりあの時の影響を受けたのかもしれない。何しろこれは公共のものではないか。
村芝居 (新字新仮名) / 魯迅(著)
「それでも奥さんがえらいですな。まだ若いのに、赤峰つていへば北京から十日もかゝるつていふぢやありませんか?」
(新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
「だからさ、今年もすでに、心がけて、すでに十万貫に価する珍器重宝は、この北京の古都を探って、ひそかに庫にめてあるわさ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
北京盧俊儀ハ善人ナリ 衆望 人ノミナウ所ナリ。然ルニ 賄賂ニ毒セラレタル官コレヲ捕エテ ッテ淫婦奸夫ヲ殺サズ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
およそ北京山東尼姑く逮捕して京に上せ、厳重に勘問し、に天下の尼姑という尼姑をうるに至りしが、得るわずしてみ、遂に後の史家をして、妖耶人耶を知らず
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
黄金三つ星てり渡る北京の都。
うし (新字旧仮名) / 濤音(著)
一月ほど前に北京から帰ったあんぽんたんの妹おまっちゃん(前出)が、成城女学部にいるをつれてきて、何かクスクスにこついていたが、