村芝居むらしばい
わたしが支那の芝居を見たのは過去二十年間にたった二度だけであった。前の十年は絶対に見なかった。また見ようという意思も機会もなかったから、その二度はどちらも後の十年のうちで、しかもとうとう何の意味をも見出さずに出て来たのだ。 第一囘は民国元年 …
作品に特徴的な語句
がい えん れん もや じく 退しりぞ 一叢ひとむれ なだ はず じん あが あた ねじ 船頭みよし 人込ひとご 偏僻へんぴ うた はやし おおい 女形おんながた さき きれ ちょう きま さわや けだもの 空間あきま 立役たてやく あつま ぶね かおり はり 頓著とんじゃく 黄牛おうぎゅう 一夜ひとよ 一際ひときわ 上腿じょうたい 下腿かたい うち 乃公おれ あたい そば ぬす 八叔はちおじ 前艙いちのま 勢限せいかぎ 北京ペキン 吩咐いいつ 喋舌しゃべ おど はや 四度よたび 変槓へんてこ ほか 夜気やき 女形おやま うち 平橋へいきょう 年弱としよわ 幾丈いくじょう 心脾しんひ 押止おしとど つま 支那しな はた 昏乱こんらん 春祭はるまつり 桂生けいせい はぜ 欠伸あくび 毎年まいねん 民国みんごく 河端かわばた 湖北こほく 漂渺ひょうびょう 炒米いりごめ 状元じょうげん 番附ばんづけ 白苫しろとま 目蓮もくれん 真黒まっくろ ねむ 石羊せきよう 石馬せきば 社戯ツエシー 空間くうかん 箆棒べらぼう あか