“旗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はた89.7%
6.4%
フラフ1.3%
ばた1.3%
ペナント1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白亀の改元白鳥神瑞、八幡の、源家の、すべて白きは 皇国祥象なれば、天機白熊をいだししも 昇平万歳の吉成べし。
よ、愚劣な×(2)に対して子供らを、をそむけてたちを、無言のまゝ反抗視線きつけるたちを!
と風もない炎天の下に死んだ様に低頭れて一つ揺がぬ。赤い縁だけが、手が触つたら焼けさうに思はれる迄燃えてゐる。
氷屋の旗 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
もやひたるボートの 赤き三角
無題 (新字旧仮名) / 富永太郎(著)
その女の貞操のだわ。結婚する意志がなくて、処女の唇にふれるような男があったら、わたし他人のことだって、許しておかないわ。
第二の接吻 (新字新仮名) / 菊池寛(著)