“反抗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はんこう57.7%
てむか11.5%
はむか7.7%
あらが7.7%
はんかう7.7%
てむかい3.8%
むほん3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よ、愚劣な×(2)に対して子供らを、をそむけてたちを、無言のまゝ反抗視線きつけるたちを!
あのお方の軍勢は時の力であり、こなたのや防塁は、いたずらに、旧い殻を固守する時勢に盲目な反抗いにすぎませんから——
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「何だ。貴様たち。こちらは文字のある先生方じゃないか。下衆のくせに寄ってたかって、先生方に反抗うなんて、恥知らずが……。」
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
抑えられている口からは声が出ない! 足で床を蹴り、手を突張り、刎返そう刎返そうと反抗った。
鸚鵡蔵代首伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
併し周三は、實に厄介まるであツた。奈何なる威壓を加へてもとして動かなかツた。威壓を加へれば加へるほど反抗の度をめて來た。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
「おれは泥棒した譯ぢやないし、反抗を企んでるのでもないから、お前達に隱さうと思つてやしないが。……」
仮面 (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)