艸木虫魚そうもくちゅうぎょ
柚の木の梢高く柚子の実のかかっているのを見るときほど、秋のわびしさをしみじみと身に感ずるものはない。豊熟した胸のふくらみを林檎に、軽い憂鬱を柿に、清明を梨に、素朴を栗に授けた秋は、最後に残されたわびしさと苦笑とを柚子に与えている。苦笑はつよ …
作品に特徴的な語句
しよ はや サイズ 饗応ふるまい ゆるし 遊女おやま かたえ しわ 発見めっけ 可憫かあい 喧嘩いさかい てあい かぶり はま 横顔プロフィル かわ あきらか あしら ぽう 速力あし うつ 此寺こちら 臭気くさみ ばか ながら 強請せが 上気のぼせ 飲料のみしろ 代物だいもつ もぐ 会場ホオル 油揚フライ 先日こないだ 処女きむすめ らく まぐさ せな おびや 反抗はむか 末生うらなり 普通ただ ぼや せい 抑揚めりはり おくび かさ 悶着もめ 辛抱がまん 失敗しくじり 復讐しかえし ふま 強請ねだ かね 記憶おぼえ 店構みせがま しびれ 留針とめばり なま 煽飲あお 濫費むだづかい 漁獲すなどり ふん いき 糸杉サイプレス いが 歪形いびつがた じし 肉塊ししむら やに ほぞ いたり 故郷くに 忌諱きい 御器おうつわ 徒渉かちわた 後々あとあと 幽魂たましい 幸福しあわせ カアテン 居心いごこち 団欒まどい 唐物からもの つばき 啜泣すすりな 喰違くいちがい 外殻から