艸木虫魚そうもくちゅうぎょ
柚の木の梢高く柚子の実のかかっているのを見るときほど、秋のわびしさをしみじみと身に感ずるものはない。豊熟した胸のふくらみを林檎に、軽い憂鬱を柿に、清明を梨に、素朴を栗に授けた秋は、最後に残されたわびし …
作品に特徴的な語句
覿面てきめん 伯林ベルリン 眷属けんぞく 肌理きめ 脚下あしもと 薄縁うすべり やり 上気のぼせ 牛蒡ごぼう 気振けぶり すずき 向日葵ひまわり もず 麒麟きりん 一歩ひとあし くびき 面当つらあて さき 河豚ふぐ のき 雑人ぞうにん はたけ 代赭たいしゃ 出来栄できばえ 札差ふださし 歯朶しだ 腑抜ふぬ 鑑定めきき 半身はんみ 一家いっけ 悶着もめ 徒渉かちわた 曲物まげもの 濫費むだづかい 常闇とこやみ 明暮あけくれ 産毛うぶげ 官衙かんが 臭気くさみ 華美はで 刀架かたなかけ 相伴しょうばん 異形いぎょう 苦味にがみ 創痕きずあと 憎々にくにく 旅商人たびあきんど 気稟きひん 剽軽者ひょうきんもの 小商人こあきんど 茗荷みょうが 油揚フライ 松脂まつやに きのこ フィート 小伜こせがれ はりつけ 出水でみず 可惜あたら へつら 古渡こわたり 後々あとあと 性急せっかち 依怙えこ 寡聞かぶん 蝦蟇がま 収穫とりいれ おい 身体中からだじゅう 掌面てのひら 護謨毬ゴムまり 天鵝絨ビロード 後脚あとあし 忌諱きい 啜泣すすりな 無頼漢ならずもの 山気さんき 附近あたり 唐物からもの 蝦蛄しゃこ 歓喜よろこび 抑揚めりはり 真下ました さく 富豪かねもち 此寺こちら かね 流盻ながしめ 飲料のみしろ 職業しごと 心安立こころやすだて 白頭はくとう 米塩べいえん 倹約しまつ 尿いばり 留針とめばり 居心いごこち