“煽飲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あふ33.3%
あお33.3%
あほ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とかういふ順に煽飲つたといふから、朝から晩まで酒につてゐたものと見て差支なからう。道理で自分の選んだ墓の銘には
そしてしたたか酒を煽飲りながら、一箸ごとに噛みしめるようにしてそれを味った。
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
こなひだの事、久世氏はある宴会でいつものやうにさんざ酒を煽飲つたので、酔気ざましに廊下へ出た。すると、出会がしらにそこを通りかかつた一人の男が薄暗い襖のかげから