“煽情的”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せんじやうてき25.0%
せんじょうてき25.0%
せんじようてき25.0%
センセーショナル25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“煽情的”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
櫻は八重、日和も陽氣も、申分のない春でした。竹光で武家が殺されたといふ、煽情的せんじやうてきな事件がなくとも、若くてハチ切れさうな平次は、江戸中を一廻りしたいやうな心持になつて居たのです。
それというのも、そういう場合の彼女の媚態びたいが、常よりも一層神経的でもあり煽情的せんじょうてきでもあって、嫉妬と混ざり合った憎悪と愛着の念が、彼を一種の不健康な慾情に駆り立てたからで、お互いに肉情的などろ仕合いにただれているのであった。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
笹屋宗太郎の話は、冒頭はなからこの調子でした。涙を誘ふやうな、煽情的せんじようてきなものではないまでも、世にも陰慘な、不愉快なものだつたのです。
「富豪邸の猟奇殺人事件! 全裸の若き美夫人、鮮血を浴びて寝台上に虐殺さる」と煽情的センセーショナル冒頭みだしを掲げて、まだその上に御丁寧にも、「犯人は夫、銀行家ロドリゲス・アレサンドロ氏! 嗜虐性色情狂サディストの本性を暴露か?」と小傍題こみだしまで打っている。
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)