陰獣トリステサいんじゅうトリステサ
「被告!被告は自己のために、何か最後の陳述をしたいという意志はないか?」と裁判長は紙とペンをくれて、私に最後の陳述の機会を与えてくれた。その機会を利用して、今私は獄窓にペンを走らせているわけであるが、これが法廷に対する私の告白であるか、犯し …
作品に特徴的な語句
じら ガール 容易わけ ウナ トレス かた ドス 冒頭みだし やん うかが 瀟洒シック 煙草ピソンテ あっし しつら 莞爾にこり 湿 歓喜アレグリア あらわ 今日きょうび おお ぶる 汚穢むさくる せま 悲哀トリステサ せせ 愚鈍のろま 莞爾にこ 若干そくばく つれ ししむら 退すさ 躊躇ためらい 上靴スリッパ しっ おっしゃ しる やつ きお 適合フィット 茶碗カップ 入浴ゆあみ ふる かぶり むさ 博士ドクトル 森閑がらん 習慣しきたり たお とっ せい 蒼白まっさお そこ かえ くゆ 種々くさぐさ 煙管パイプ あせ 差詰さしずめ つぶさ 哄笑たかわら つぶら 永遠とこしえ なまめ あお いろどり ねぎら ばく かこ はず 執事バトラー やぶさか 電気スイッチ いびつ いだ かまびす めく たか ずね すさ しなや 蹌踉よろ いや 狒々バブーン 寝衣パジャマ 夫人おくさま かしず ともしび うわ 洒脱ユーモラス 給仕ボーイ 気色けはい あなが しっ