“煙草”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たばこ93.0%
タバコ4.9%
きせる0.5%
シガレット0.5%
たばこぼん0.2%
たんばこ0.2%
シガア0.2%
シガー0.2%
パイプ0.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“煙草”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語35.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語8.9%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行3.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
その手紙は他の四通の手紙と同じ所からきたものだった。同じ筆蹟、同じ文体、同じ文字使い、同じ紙、同じ煙草たばこのにおい。
彼は口にパイプをくわえ、それをくゆらしていた。部屋の中にはもう一片のパンもなかったが、それでも煙草たばこだけはあった。
あたしはまた溜息をついた。おしょさんはなんでだまって煙草タバコなんか長い煙管キセルからのんきにふかしてるのだろう――
女が煙草タバコを吸うということは、そう古く始まった風習でないにきまっているが、奇妙に日本人の生活とはなじんでいる。
木綿以前の事 (新字新仮名) epub / 柳田国男(著)
煙草きせるを下へ、手ですくって、土間から戸外そとへ、……や……ちょっと投げた。
伊勢之巻 (新字新仮名) epub / 泉鏡花(著)
冷かし数の子の数には漏れず、格子から降るという長い煙草きせるに縁のある、煙草たばこ脂留やにどめ、新発明螺旋仕懸らせんじかけニッケル製の、巻莨まきたばこの吸口を売る、気軽な人物。
露肆 (新字新仮名) epub / 泉鏡花(著)
次官の令嬢も煙草シガレットケースを出して「どうぞ」と火をって差し出した。
パチンと、宝石をちりばめた琥珀こはく煙草シガレットケースを開く。
今二つの目のぬしは七つか八つ位の娘である。無理に上げたようなお煙草たばこぼん盆に、小さい花簪はなかんざしを挿している。
牛鍋 (新字新仮名) epub / 森鴎外(著)
おばこ来るかやと田圃たんぼんづれまで出て見たば、コバエテ/\、おばこ来もせでのない煙草たんばこ売りなの(なのはなどの意)ふれて来る。コバエテ/\
春雪の出羽路の三日 (新字新仮名) epub / 喜田貞吉(著)
燥々いら/\しながら立つて毛布ケツトをはたいた、煙草シガアの灰が蛇の抜殻のくづるる様にちる、私は熱湯の中に怖々おづ/\身体からだを沈める時に感ずる異様な悪感に顫へながら強ひて落着いた風をしてぢつと坐つて見た。
新橋 (新字旧仮名) epub / 北原白秋(著)
二人は相見て笑いぬ、二郎が煙草シガーには火うつされたり。
おとずれ (新字新仮名) epub / 国木田独歩(著)
時々驚愕きょうがくしたように眼を離して、函の中に納められている木乃伊の方を振り返って見たり、手にした煙草パイプに火を点けるのさえ忘れているのであった。
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) epub / 橘外男(著)