“花簪”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はなかんざし97.3%
かんざし2.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“花簪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学1.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.8%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
表に待っていた三四郎が、気がついて見ると、店先のガラス張りのたなくしだの花簪はなかんざしだのが並べてある。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
花簪はなかんざしビラビラや、華やかな振袖の模様や、丸卓子テーブルの光沢に反映うつっている石竹せきちく色の指の爪まで
鉄鎚 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
白と絞りの牡丹を少しばかり浮かし、その上に飛ぶ金銀の蝶々を花簪かんざしに使う針金で浮かしてヒラヒラと動くようにして帯の唐草模様を絵刳えくみにした、錦絵とも舞台面ともまるで違った眼もまばゆい美しさの中に
押絵の奇蹟 (新字新仮名) / 夢野久作(著)