押絵の奇蹟おしえのきせき
看護婦さんの眠っております隙を見ましては、拙ない女文字を走らせるので御座いますから、さぞかしお読みづらい、おわかりにくい事ばかりと存じますが、取り急ぎますままに幾重にもおゆるし下さいませ。 あれから後、お便り一つ致しませずに姿をかくしました …
作品に特徴的な語句
メンモク おぐし あた 姿態こなし うわ 仕舞じま 扮装こしらえ きき 御願おがん じょう まばたき かん 親戚しんるい しん うえ 幻燈まぼろし とど つた 孩児やや まば かえ 旅人たびにん つろ うしろ あなが もと 不可いか 香気かおり みだれ 平生ふだん あるい はず えら かく むね いま しま のち おぼ たび にく 平生いつも なら あた 小山おやま うけたまわ 花簪かんざし から せき ずつ わたし つか 記憶おぼ おしえ くら ほま かつ 斑馬はんば うた 白粉しろい またが 名残なご 明日あした 黒白こくびゃく 黒奴こくど 鯨鬚くじらひげ 髪結かみゆ よご にお 気嵩きかさ 此度こんど 牝馬ひんば 歔欷きょき かた 何卒なにとぞ 何故なにゆえ 機織はたお 雅典アテネ ぐち きま ぎわ 琴責ことぜ うたがい 退