“黒白”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あやめ40.7%
こくびゃく37.0%
あいろ11.1%
こくびやく7.4%
くろしろ1.9%
ブラックアンドホワイト1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
思いなく閉籠黒白も分かぬ烏夜玉のやみらみっちゃな小説が出来しぞやと我ながら肝をしてこの書の巻端に序するものは
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
バクチの方では干将莫耶でござんしてな、この賽粒の表に運否天賦という神様が乗移り、その運否天賦の呼吸で黒白端的が現われる
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
すぐ丘の下、滑川のむこうには、たそがれの黒白も分かず、たくさんな兵が、ひしめき合い、呶号のを逆巻いているのだった。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
月は一庭のらし、樹は一庭の影を落し、影と光と黒白斑々としてつ。なるの如き影あり、金剛纂の落せるなり。
良夜 (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
發し其金の五十兩とは何所から出したる金ぞ夫程迄にと云事ならば其方が養父の宅へ引摺て金の出所して呉ん已に屹度穿鑿に及びし上にて黒白ちを付んと一
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
黒白の漫画絵ハガキの右手にはケムブリッジ案内と書いた部厚な本を抱えた紳士を従えた市長が、胸に授を飾り、脱帽して高貴な訪問者に挨拶している。