“あやめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アヤメ
語句割合
菖蒲63.0%
黒白17.3%
文目10.2%
綾目2.4%
渓蓀0.8%
弁別0.8%
文様0.8%
文色0.8%
殺害0.8%
色目0.8%
花菖蒲0.8%
菖浦0.8%
黒目0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吃驚したようにあたりを見ながら、夢に、菖蒲の花を三本、なるを手に提げて、暗い処に立ってると、くなって、太陽した。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
月光はそれを照らして、鮮やかにするかと思えば、またたちまち、雲は月をおおうと、黒白もつかぬ闇としてしまう。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
じっと穴の中を見込んだが、文目も知れぬ闇の底から冷たい風が吹いて来るばかり、老人の姿は見えなかった。
ここからは決して煉瓦の綾目が見えないのに今夜はどうしたのだ。と私はふしぎにそれを見つめた。夜は更け沈んでゐた。その塔の頂は殆んど水のやうな深い空氣と星ぞらに限られてゐた。
蒼白き巣窟 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
春竜胆勿忘草の瑠璃草も可憐な花である。紫陽花、ある種の渓蓀、花菖蒲にも、不純ながら碧色を見れば見られる。秋には竜胆がある。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
草あやめの外には、芍薬、紫と白と黄の渓蓀薔薇石竹矍麦虞美人草花芥子紅白除虫菊、皆存分に咲いて、庭も園も色々にるくなった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
ようやく何度目かの勧めで、やっと、では、というように二人が立ちどまった時には、もう小半町先は、ものの弁別も分かぬ薄暗に包まれていました。
墓が呼んでいる (新字新仮名) / 橘外男(著)
夜明けんとする一刻前の文様かぬ夜の山を、肩にりつ縋られつ、二人の男女は辿って行く。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
いつか夕闇が迫って、部屋の中は物の文色も分らないほど暗くなっているのを、二人とも気がつかなかったのである。
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「清高も青くさい。なぜ、出雲、伯耆で何郡をくれるぐらいな言質をとっておかないのか。……帝は殺害まいらせて候う、と注進におよんだあとのはなしではが悪い」
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その頃、もうお互いの面には払暁の薄明りが見られていた。たしかに夜は白みかけているのだ。しかしいよいよ深い朝霧に物の色目識分けられない。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
波紋の中に白い花菖蒲が咲いてゐた。
測量船 (新字旧仮名) / 三好達治(著)
そこン梅林名所で、桃谷といふのがあつて、谷間小流には、菖浦燕子花一杯く。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
カーテンをかかげて外を見ると、ストーブの温か味で汗をかいた硝子戸を透して、まるで深海の底のように黒目かぬ真暗闇が彼を閉じこめていることが分った。
軍用鼠 (新字新仮名) / 海野十三(著)