測量船そくりょうせん
春の岬旅のをはりの鴎どり 浮きつつ遠くなりにけるかも 母よ—— 淡くかなしきもののふるなり 紫陽花いろのもののふるなり はてしなき並樹のかげを そうそうと風のふくなり 時はたそがれ 母よ私の乳母車を押せ 泣きぬれる夕陽にむかつて 轔々と私の …
作品に特徴的な語句
良人マリ あた うし あし あば 薔薇ローズ 萱草かやくさ はず 日暮にちぼ 野猪しし かぎ ほほ 一日いちにち ボタン いし わか かげ いぶ 炊爨すゐさん かけ 織布しよくふ たく 矮鶏ちやぼ 秋蚕しうさん 精舎しやうじや ふさ 金環かなわ ひたひ さち ゆか やす 合図あひづ とげ 朱欒ざぼん はる ゑんじゆ 胡坐あぐら くろ 黄昏たそがれ 鶺鴒せきれい とも 風鐸ふうたく 顳顬こめかみ うなじ あし ふいご はがね 藻草もぐさ 轔々りんりん 街角まちかど 跫音あしおと こだま まぶた 旅籠はたご 三椏みつまた 候兵ものみ くさめ 天城あまぎ 小禽ことり 山梔くちなし 年齢とし ひさし 引鉄ひきがね 弾傷たまきず たの ものう ささ 朝餉あさげ かい 歩並あしなみ なみだ きら いらか 睫毛まつげ ひとみ 空路そらぢ まがき つむ 翩翻へんぽん