“引鉄”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひきがね100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“引鉄”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語3.6%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だが、その時、銃を取った大西上等兵と浜田一等兵は、安全装置を戻すと、直ちに、×××××××××をねらって引鉄ひきがねを引いた。
前哨 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
(しかも、この透視の瞬間にあつて、なほ私が如何に無智な者であつただらう!)獲物の歩並あしなみは注視され、引鉄ひきがねが落ちた。
測量船 (新字旧仮名) / 三好達治(著)