花と龍はなとりゅう
「たいそう暗いが、キヌさん、もう何時ごろかのう?」 「まあだ、三時にはなりゃあすまいね」 「やれやれ、この谷は一日がよその半分しかないよ。仕事も半分しか、でけやせん」 「その代り、夜がよその倍あるわ」 …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ どんぶり 修羅しゅら たが 沢庵たくあん 囲炉裏いろり 祇園ぎおん たこ 天秤てんびん 人魂ひとだま 坩堝るつぼ 肌理きめ ふか 博多はかた 螺鈿らでん 披瀝ひれき 物識ものし 結城ゆうき とぎ 撞木しゅもく 首途かどで 斡旋あっせん 黴菌ばいきん 小倉こくら 後家ごけ 銅鑼どら 幔幕まんまく くさび ぬか 般若はんにゃ 喊声かんせい 清冽せいれつ もみ 緋縮緬ひぢりめん 訊問じんもん 平家へいけ 権柄けんぺい 投網とあみ 筑紫つくし 効目ききめ 御幣ごへい 有耶無耶うやむや ます 渾身こんしん 危惧きぐ 海苔のり 佩剣はいけん 肩衣かたぎぬ 二言ふたこと 烏合うごう 牛蒡ごぼう 肝煎きもい 鳶口とびぐち 山車だし 白山しらやま 優男やさおとこ 絨毯じゅうたん 討死うちじに 紅蓮ぐれん 泥鰌どじょう びた 外道げど たつ 海嘯つなみ ねぎら たね 姐御むすめご 布袋ほてい 湯女ゆな 焼酎しょうちゅう 阿鼻叫喚あびきょうかん 口吟くちずさ 手土産てみやげ 神保町じんぼうちょう 神酒みき 蟄居ちっきょ 外様とざま 手甲てっこう 瓜実顔うりざねがお くびき はま 陋巷ろうこう だいだい 土器かわらけ 干支えと 火屋ほや やく 真顔まがお 点綴てんてつ 蛞蝓なめくじ 叱咜しった 小粋こいき 書付かきつけ 河豚ふく 口上こうじょう かわ 卒塔婆そとうば