花と龍はなとりゅう
「たいそう暗いが、キヌさん、もう何時ごろかのう?」 「まあだ、三時にはなりゃあすまいね」 「やれやれ、この谷は一日がよその半分しかないよ。仕事も半分しか、でけやせん」 「その代り、夜がよその倍あるわ」 「倍あったって、電燈はつきゃせんし、油 …
作品に特徴的な語句
退どど こんま カツ とと おとろ やっ けえ 何故なして こま こお 光明コウメイ かく やま なお まなぎし 家内やない ちっ てて 集合より こそば じば うわ おろ しわ 資本ジキリ おお 幸福しやわせ 昨夜よんべ 何故なし なろ かつ 一時いちどき 一枝かずえ 先登トップ おろ 悪徒わるそう じん ぱし 言付ことづけ 昨夜ゆんべ 縄張シマ 機械シーソー わけ あゆみ 何人なにびと 一日いちんち 着物きもん 飢死きし くら こうべ 金色きんしょく 出来でけ 手網たぼ 振鈴かね ゆる 料理つく はつ 旅人たびにん 親方おやじ 今日こんち めえ よう とど きた 洗足はだし 相棒あいぼ どころ けん 白鳥しらとり 白眼しろめ 処女きむすめ もん もぐ せい うしろ 小籠バイスケ ちな はな はず かか 振鈴りん