“眸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひとみ74.3%
14.6%
まなざし3.0%
ぼう2.6%
まみ1.5%
みは1.1%
まなじり1.1%
まな1.1%
まなぎし0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
男は入口にうずくまるフランシスに眼をつけると、きっとクララの方に鋭いを向けたが、フランシスの襟元んで引きおこした。
クララの出家 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
鼻腔でだけ呼吸をして、眼がかすんで、相手の数も顔もよく見えないために、わざと大きくっているようにがひらいてしまった。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
女たちは、小伝馬船の上から、マンが、煙草をのむのに、妙な点火器具を使用していたのを、好奇ので、遠望していたものらしい。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
そして、聖天堂のわきから中腹近くまで登って行った。ここからは淀も、円明寺川の一線も、敵の布陣も、一のうちだった。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なにゆゑに涙のもろき我ならん月見る毎にのしめれる
礼厳法師歌集 (新字旧仮名) / 与謝野礼厳(著)
がず、つて、むべきみもげに、ばかりのまず、しうびたまゝ、もしないで、のまゝ見据えた。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
この時貫一は始めて満枝のを移せり。を含みてへし彼のは、だ言はずして既にその言はんとせるをば語尽したるべし。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
うちみたところその顔は、十七八にも見えたが、そのざしは小児らしく悲しそうに見えた。
あめんちあ (新字新仮名) / 富ノ沢麟太郎(著)
金五郎はコップを口につけ、苦いビールの泡を噛みながら、光の少い若松の街を、感慨をこめたで見おろした。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)