“まなじり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マナジリ
語句割合
72.2%
15.2%
2.0%
眼尻2.0%
眼眦2.0%
目眦1.3%
眉尻1.3%
1.3%
外眦0.7%
目眥0.7%
眸子0.7%
睚眦0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
戸川志摩は雨龍の眼力にはッとしたが、見現わされた上はかねての覚悟、早くもを決めて、を釣り上げ、きっと睨み返して云った。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
槍をんだ伊東のが裂ける。こいつは、先頃まで、自分が引立てて馬丁をさせて置いた辰公だ——八ツ裂きにすべき裏切者。
アントニオよ、を殺せ、妾を殺せ、只だ妾を棄てゝな去りそと、夫人は叫べり。其、其、其瞻視、其形相、一として情慾に非ざるものく、も猶美しかりき。
なつかしさ少時も忘れずれ近き父様に申しやがて朝夕御前様御傍らるゝよう神かけて祈りりなどと我をしがらせし事憎し憎しと、眼尻鋭く
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
彼は、厭な気がしてつと横を向いた。すると、眼眦が薄ら甘く熱くなるのを感じた。
父を売る子 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
「でも、狂人になるには何か仔細があるでしょう。」と、冬子は目眦げて追窮した。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
小さく結んだ髪、広い額、厚いほお、高い鼻、左の眉尻にほくろがあり、太い毛が一本生えている。外光のかげんで時々光り、針でも刺さっているようだ。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
賄賂を出した者も出さない者も、田沼に引立てられた者も退けられた者も、田沼の悪の代弁者と思われた秋月九十郎に対しては、を決し、拳を握り、その肉をさえわんとひしめき合ったのです。
外眦れる三十前後の男なりけれ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
云から待てゐよ必ず忘るゝ事れと憤怒目眥逆立つてたと白眼兩の手をひし/\とりつめしばりし恐怖しさに忠兵衞夫婦は白洲をも打忘れアツと云樣立上りんとするを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そのは長くこまやかに、れる眸子凛如として、正しく結びたるは、夢中も放心せざる渠が意気の俊爽なるを語れり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しなやかな長い腕の動きが、彼の睚眦に震へを感じさせた。
奥間巡査 (新字旧仮名) / 池宮城積宝(著)