“狂人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きちがい70.1%
きちがひ15.7%
きやうじん4.1%
きょうじん4.1%
きちげえ2.0%
ばか1.0%
きちが0.5%
きふれ0.5%
きゃうじん0.5%
しれもの0.5%
キチガイ0.5%
キチガヒ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、彼女は小屋を出て雪の高原を彷徨いながら狂人のように探してみたが結果は昨日と同じであった。で、また寂しい夜となる。……
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
『ナニ、そんなつても駄目だ』とひました、『自分達だつてうしてたつて狂人なんだ。狂人。お狂人
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
こんな狂人じみた女のおほ袈裟な言葉を釣り出し、それを根據にまたこちら自身の平生を人が世間に廣告しては甚だ以つておほ迷惑だ。
わたしは狂人のように、ふらふら表を歩き回って、一刻も早くこんなぎがおしまいになってくれればいいと、そればかり待ち望んでいた。
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
松「打たれながら勘定をする奴もねえもんだ、今度来やアがると只ア置かねえ、本当に彼奴狂人だ、ピッタリ表を締めて置け」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
高沼繁! 狂人繁! 自分は直ぐ此名が決して初対面の名でないと覚つた。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
仕事に魂をうばわれた、この狂人いじみた科学者たちは、まともな食事をするのをめんどうくさがって、朝も晩も乾麺麭ばかり喰べてすましているのにちがいなかった。
キャラコさん:04 女の手 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「何だい、あいつぁ。狂人か。」
口笛を吹く武士 (新字新仮名) / 林不忘(著)
マーキュ いや、してよう。……(呪文の口眞似にて)ローミオーよ! 浮氣よ! 狂人よ! 煩惱よ! 戀人よ! 溜息姿にて出現めされ。
狂人よという者は地獄の火に干るべしとある(馬太伝五章二十二節)即ち「我れ汝等に告げん、すべて人の言う所の虚しき言は審判の日に之を訴えざるを得じ」