はつ恋はつこい
P・V・アンネンコフに捧げる 客はもうとうに散ってしまった。時計が零時半を打った。部屋の中に残ったのは、主人と、セルゲイ・ニコラーエヴィチと、ヴラジーミル・ペトローヴィチだけである。 主人は呼鈴を鳴らして、夜食の残りを下げるように命じた。 …
作品に特徴的な語句
いまし そつ 下手ぺた うわ ぱし うつ へい がく 一時いちどき かお づら 狂人きょうじん あや 一日いちんち なつか 凱歌かいが 配偶はいぐう 心地ごこち 微笑びしょう こう きた むな ぱら ほっ 臨終りんじゅう 薄笑うすわら がみ 捲髪まきげ 乳母ばあや こお たが 相識そうしき さお 筆跡ひっせき おお 御存ごそん 疲労ひろう ともな がた おだ 技巧ぎこう ぐせ しゅ 服装ふくそう 眼差まなざ 前途ぜんと 差伸さしの ばり まわ きん 醜聞しゅうぶん こん 口頭こうとう やわ 名残なご むか とびら おく 小草おぐさ たば つか えが おさ さぐ しつ おぼ だれ 奥様おくさま うば よめ むすめ こま ごと