泡鳴五部作ほうめいごぶさく02 毒薬を飲む女02 どくやくをのむおんな
「おい、あの婆アさんが靈感を得て來たやうだぜ。」 「れいかんツて——?」 「云つて見りやア、まア、神さまのお告げを感づく力、さ。」 「そんな阿呆らしいことツて、ない。」 「けれど、ね、さうでも云はなけりやア、お前達のやうな者にやア分らない。 …
作品に特徴的な語句
かたは ぢよ かうむ いつ かをる しよ ちご 手前てめい うし しも 使つこ はづ ぎやく あし かか 上手じやうず ひそ ごく あひだ べう やは 婆々ばゝ じやう おく うたぐ ちやう 相伴しやうばん 猪口ちよく 狂人きやうじん 仰向あふむ ともな くう 先刻せんこく 空鑵くうくわん のぞ めん にく がね がら あす あら 所天をつと こご をし 平生ふだん こと 性懲しやうこ 癇性かんしやう 盤石ばんじやく にら 牛耳ぎうじ 矢絣やがす 無聊ぶれう きよ 穿うが 氷川ひかは 檜町ひのきちやう 素直すなほ 根性こんじやう こん くひ さつ 最早もう 緋鯉ひごひ つか 繻子しゆす ひぢ 所謂いはゆる 虚僞うそ 怨靈をんれう 怨敵をんてき 魔力まりき 二進につち さい たま 今昔こんじやく かよ 因業いんごふ くら けん 反逆むほん つら 口調くてう うなづ
題名が同じ作品
泡鳴五部作:01 発展 (旧字旧仮名)岩野泡鳴 (著)
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名)岩野泡鳴 (著)
泡鳴五部作:04 断橋 (旧字旧仮名)岩野泡鳴 (著)
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名)岩野泡鳴 (著)