“札”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふだ66.3%
さつ32.2%
テップ0.5%
サツ0.5%
ブウルポア0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おっと、御念にはばねえ。おしておくんなさりゃァ、棒鼻へ、笠森おせん御用駕籠とでも、ててきてえくらいだ」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
ははあ、こやつも楮幣に不服なのか。ならばなぜ、折檻などせず、表向きに、検非違使ノ庁へつき出さんか。——この良忠から一
金をに換えてやった額だけ、そっくりそのままの所得なんだから、誰が勝とうが負けようが、あとは卓子の上を色付きの木片が動くだけで
多度津ユキ渡船ヲ待ツ間、コレヲ最後ニ一便別申シオキ候。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これで勝負が決する。賭け卓子の面のその数字へ張ってあるのだ。
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)