“ふだ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:フダ
語句割合
77.2%
5.3%
4.7%
布田2.9%
1.2%
神札1.2%
1.2%
骨牌1.2%
納経0.6%
花札0.6%
0.6%
守札0.6%
招牌0.6%
0.6%
0.6%
神符0.6%
賦算0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さよは、いぶかしくって、そのにやってきました。すると、そのまって、店頭がはってありました。
青い時計台 (新字新仮名) / 小川未明(著)
なお間違いのないように、を渡しておこう……と云って自分の名刺を半分にいて、一つを支配人に渡し、残りの一つを自分のポケットに入れたそうです
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そして其処で彼は、青繻子の上衣のだぶだぶな袖の中から一つの見事な象牙のを取り出して僕に示しながら、ぶつぶつと囁く様に云いました。
象牙の牌 (新字新仮名) / 渡辺温(著)
十一月三日 武蔵調布上布田三〇四、新田霞霧園隣地、虚子胸像除幕式。
五百五十句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
所詮ふたたびこの世へは出られないものと覚悟しながら、李は暗いなかを探りつつ進んでゆくと、やがて明るいところへ出ました。そこには石室があって、申陽之洞というが立っています。
源八は上州白雲山のお神札をうけて来たから、これを神棚へ上げておいて下さいと門人へ渡した。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かれは一つの鉄のをわたして立ち去った。それから歳月が過ぎるうちに、老女の娘はだんだん生長して、ここらでは珍しいほどの美人となった。
と黄八丈が骨牌ると、黒縮緬の坊さんが、い裏を翻然して
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
長者は老僧のに驚いて、其の日から家を出て、弘法大師の巡錫していると云う四国八十八箇所の納経所納経所を目的に尋ねて往った。
長者 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
初めには納経所の順を追うて廻りながら、路々人に聞くと、「それらしい旅僧は、昨日通った」とか、「其の人は昨夜此処で泊った」と云うばかりで、幾等急いでも
長者 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「だってあの御気色御覧じろ、きっとあれだ、えねえね、八丁堀で花札が走った上に、怨み重なる支那と来ちゃあ、こりゃられッこなし。」
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「御機嫌麗わしからずじゃあないか。顔色が可恐しく悪いぜ、花札が走ったと見える、御馳走はお流れか、」
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
當初御萱堂不幸之存寄らざる儀とはながら、拙者の身上共禍因と連係候故、報謝の一端にもと志候御世話も、此の如く相終候上は、最早債をを折候と同じく、何の恩讐も無之
家相、方角、星占いだよ。んぞんぞのりというては。祈祷、禁厭御神水じゃ、お守札じゃ。御符なんぞを頂戴させて。どうぞ、こうぞで済まして来たが。それじゃ治療らぬ病気の数々。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
招牌もこそ歎きぬ。——ひとり
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
「そうですな。顔良は、背にを立てて、自分の首を売り物に出している恰好ではありませんか」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大根でも、なすでも、でも、なんでもよくできたものには、一、二がついてる。」ということをくと、ふと、おばあさんは、したことがあります。
公園の花と毒蛾 (新字新仮名) / 小川未明(著)
けたところへ砂糖を加へ、紫を注すと、ジユウツといふ音とともに、湯氣がむら/\と舞ひり、黒ずんだ天井の眞ん中に貼つてある大神宮の劍先神符が、白雲に蔽はれた山寺の塔のやうに
父の婚礼 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
躍り上り躍り上り仏名を唱えつつ当時の日本国内六十万人を目標に「光明」の文字を書いた賦算を配って歩いた時宗の開祖一遍上人(延応元年に生れ正応二年に歿す)があります。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)