五百五十句ごひゃくごじっく
さきに『ホトトギス』五百号を記念するために改造社から『五百句』という書物を出した。これは私が俳句を作りはじめた明治二十四、五年頃から昭和十年までの中から五百句を選んだものであった。先頃桜井書店から何か私の書物を出版したいとの事であったので、 …
作品に特徴的な語句
一寸ちょと あけ 心細こころぼ ひやや いず 燈籠どうろ 頬被ほおかむり らい ぞう おお なつか なれ はじめ おも 十時とどき あつま あしなえ ひんがし 蜻蛉とんぼう 左右そう あが みそなわ 差出さしいだ うら 少女しょうじょ くれない ごと かご うれい おのれ いも かじか 春日はるひ がさ 常世つねよ 大扉おおとびら くい しこう 水中みずあた 夜半よわ 外面とのも いそ くが おち 病犬やまいいぬ あきら いお たし 羽搏はう 春雪しゅんせつ 行年ゆくとし 時雨しぐ 春闌はるたけなわ かわず あけ あたたか 小草おぐさ 更衣ころもがえ ただす すで ばか きら 木槿もくげ 年尾としお しず 夜話やわ 秋袷あきあわせ かすか 神代じんだい のが かつ 蓼科たてしな 運命さだめ はるか すべから はだえ のば 馬来マレー 冬籠ふゆごもり 菖蒲しょうぶ