五百五十句ごひゃくごじっく
さきに『ホトトギス』五百号を記念するために改造社から『五百句』という書物を出した。これは私が俳句を作りはじめた明治二十四、五年頃から昭和十年までの中から五百句を選んだものであった。先頃桜井書店から何か …
作品に特徴的な語句
野分のわき 伯林ベルリン もと 芍薬しゃくやく 夕闇ゆうやみ ちん 母娘おやこ 芝生しばふ いた 蚊遣かやり 香港ホンコン 吾妻橋あづまばし 芙蓉ふよう 護謨ゴム 木挽町こびきちょう さば 不忍しのばず 海苔のり 眉目びもく 山麓さんろく 冬籠ふゆごもり 緋鯉ひごい 叡山えいざん 南京ナンキン くわ 逆立さかだ 広東カントン 隅田川すみだがわ 向島むこうじま 愛宕山あたごやま ほこ 朧夜おぼろよ 榾火ほだび 鬼子母神きしぼじん 碇泊ていはく 注連しめ 杜若かきつばた 途切とぎ 恐懼きょうく 常世つねよ 朧月おぼろづき 爪立つまだ 颱風たいふう 逍遥しょうよう かじか 比叡ひえい 端居はしい きね わに 左舷さげん 毘沙門びしゃもん 襟巻えりまき 起居たちい 孑孑ぼうふら 目路めじ 肌寒はださむ 乳房ちぶさ 木槿もくげ 棚曳たなび はぜ 座主ざす 手毬てまり 日輪にちりん 鬱々うつうつ 氷川ひかわ 蘆荻ろてき 門跡もんぜき 羽子はね 目出度めでた 波止場はとば 草廬そうろ 差出さしいだ 小草おぐさ 心細こころぼ 世智辛せちがら 藪入やぶいり 馬酔木あせび 洛陽らくよう きのこ 柚子ゆず 高御座たかみくら 秋雨あきさめ 羽搏はう 靉靆あいたい 居間いま 下僕げぼく 後顧こうこ 曼陀羅まんだら ふご 嚮導きょうどう 忌日きじつ しべ 鼕々とうとう 老松おいまつ 大連だいれん 喧騒けんそう 春宵しゅんしょう 柏餅かしわもち 草庵そうあん 轡虫くつわむし