“鮒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふな99.3%
ぶな0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勘作は起きあがって笊の中をいた。大きな二尺ばかりの鯉が四と、他になどが数多入っていた。勘作は驚いて眼をった。
ある神主の話 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
あの田圃の畔を流れる川の水は綺麗だったなあ、が——芹が川の中に青々と沈んでいやがった。を捕ったり、泥鰌を取ったり……
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
濁り腹をかへして沈みけり
五百五十句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)