“寒鮒”の読み方と例文
読み方割合
かんぶな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千住の名産寒鮒の雀焼に川海老串焼今戸名物の甘い甘い柚味噌は、お茶漬の時お妾が大好物のなくてはならぬ品物である。
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「四五日前、大利根すじへ寒鮒を釣りに行くといって、フラリと出かけたまま、今日にいたるまで消息がございません」
顎十郎捕物帳:09 丹頂の鶴 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「釣氣狂ひは、暑いも寒いもありやしません。少し時候は遲いが、寒鮒が良いさうで」