“除夜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぢよや57.1%
じょや14.3%
じよや14.3%
サン・シルヴェストル14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多事多難なりける明治三十六年も今日に尽きて、今は其の夜にさへなりにけり、寺々には百八煩悩の鐘鳴り響き、各教会には除夜集会開かる
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
除夜の夢は例年の通り枕の上に落ちた。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
無論にはみの好敵手だつた。大正十三年から十四年への除夜の鐘をきながら、先生と勝負つた事もある。
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
復活祭四芸術祭七月十四日降誕祭除夜、オペラ座やヴェルサイユ宮の慈善興行……満寿子さん、六右衛門さん、長謙さん、珠子さん、山チイ、だいこんの六人組が大騒ぎをして遊ぶとき
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)