“霜降”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しもふり66.7%
しもふ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“霜降”を含む作品のジャンル比率
技術・工学 > 家政学・生活科学 > 食品 料理0.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
外套がいとう判切はっきり霜降しもふりとは見分けられなかったが、帽子と同じ暗い光を敬太郎のひとみに投げた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
衣服なりもこっちから云って上げた通りでしたか。黒の中折なかおれに、霜降しもふり外套がいとうを着て」
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
汚れた小倉こくら霜降しもふりの洋服を着て、脚にも泥だらけのゲートルをまき、草鞋わらじいている。
小さな出来事 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
そして彼はこの界隈のどの子供よりも、身装みなりがよごれていて、もう秋も深いというのにまだ灰色のぼろぼろになった霜降しもふりをつけていた。
光の中に (新字新仮名) / 金史良(著)