“小寒”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こさむ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“小寒”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——秋も暮れて、元禄十五年の冬の小寒こさむが、おとずれかけた頃である。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「さあ」と葉子もはっきりしない返事をしたが、小寒こさむくなって来たので浴衣ゆかたを着かえようとすると、そこにそでだたみにしてある自分の着物につくづく愛想あいそが尽きてしまった。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)