“雑炊”のいろいろな読み方と例文
旧字:雜炊
読み方割合
ぞうすい85.2%
ざふすゐ11.1%
プートリャ3.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文吉は一度もその所業を受けたことはないが「ぐず/\言うと水雑炊を喰わすぞ」という言葉はタガメの口からよく聞いています。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
鈴蘭で雑炊を食べてから、妓楼へ押し上つたのだつたが、花魁の部屋で、身のうへ話をきいてゐるうちにいつか夜がけて、晴代は朝方ちかい三時頃に
のらもの (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
乾葡萄や黒梅の入つた混成酒を召しあがつたことがおありかな? それとも、牛乳いりの雑炊を召しあがつたことがおありかな? いやはや、この世の中にはなんと夥しく