“干柿”の読み方と例文
読み方割合
ほしがき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いったい蛮土の物は濃厚で、日本の物は淡味です。菓子でも、干柿の甘味で、十分舌に足りていたものが、砂糖に馴れると、もうそれでは堪能しなくなります
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
家でも正月だけは集まってこれを食べたと見えて、干柿搗栗というような、今はお菓子といわない昔の菓子が、三方折敷の上に鏡餅と共にかならず積みあげられる。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
小説家なぞになるものでない、と云って聞かして、干柿を三つくれて帰えす。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)