“浅蜊”の読み方と例文
旧字:淺蜊
読み方割合
あさり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの喇叭らっぱに似ているのもやはり法螺貝ほらがいと云うのであろうか? この砂の中に隠れているのは浅蜊あさりと云う貝に違いない。
少年 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
『ナニ。生きとるかも知れん。馬鹿け。見てんやい。眼球ア白うなっとるし、睾丸きんたまも真黒う固まっとる。浅蜊あさり貝の腐ったゴト口開けとるばドウするケエ』
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
二人を引っ張って、半七は近所の自身番へ行った。浅蜊あさりからを店の前の泥に敷いていた自身番の老爺おやじは、かかえていたざるをほうり出して、半七らを内へ入れた。
半七捕物帳:05 お化け師匠 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
物干場の草原だの、浅蜊あさりしじみの貝殻の棄てたも交る、空地を通して、その名の岬に立ったように
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
潟からは浅蜊あさりしじみはまぐりがよく獲れて、綺麗きれいな模様をした貝殻も多かった。
入江のほとり (新字新仮名) / 正宗白鳥(著)
今さら驚いて顔役と亀親方だけが、例の浅蜊あさりをザクザク踏みしめる路地の奥を訪れた。
醤油仏 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それから家族の衣食もそれに准じて粗末なもので辛棒させて、魚や肉などは余りに買わないで多くは浅蜊あさりはまぐりまたは鰯売り位を呼込んで副菜にし、あるいは門前の空地に生い茂っているあかざの葉を茹でて浸し物にする事もあった。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
お土産は小雑魚よりも浅蜊あさり、蛤の類、手に手に破れ網の古糸をすき直して拵えたらしい提げものに一ぱいを重そうにして、これ留守居や懇意へのすそ頒け、自分は喰べずとも綺麗さっぱりってしまった方が結句気安いようで、疲れて寝る臥床の中に、その夜の夢は一入ひとしお平和である。
残されたる江戸 (新字新仮名) / 柴田流星(著)