“浅蜊”の読み方と例文
旧字:淺蜊
読み方割合
あさり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの喇叭に似ているのもやはり法螺貝と云うのであろうか? この砂の中に隠れているのは浅蜊と云う貝に違いない。……
少年 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
お土産は小雑魚よりも浅蜊、蛤の類、手に手に破れ網の古糸をすき直して拵えたらしい提げものに一ぱいを重そうにして、これ留守居や懇意へのすそ頒け
残されたる江戸 (新字新仮名) / 柴田流星(著)
あの時分は川尻にが生えていた。潟からは浅蜊がよく獲れて、綺麗な模様をした貝殻も多かった。
入江のほとり (新字新仮名) / 正宗白鳥(著)