少年しょうねん
一クリスマス 昨年のクリスマスの午後、堀川保吉は須田町の角から新橋行の乗合自働車に乗った。彼の席だけはあったものの、自働車の中は不相変身動きさえ出来ぬ満員である。のみならず震災後の東京の道路は自働車を躍らすことも一通りではない。保吉はきょう …
作品に特徴的な語句
うし あく 大船おおふね たたかい 四歳しさい せい 九歳くさい 微笑びしょう なつか かかわ いで まば 七歳しちさい うしろ 玩具がんぐ 寝台しんだい 聖者しょうじゃ 食物しょくもつ ぼとけ ぬい なに 何日なんにち 大平だいへい さお かがや すさ ぜん いまだ さち 薄明うすあか 当嵌あてはま 差支さしつか のち 家中かちゅう かど こび ひる じま いくさ 夕飯ゆうはん またが こま ゆびさ 追憶ついおく 嘲笑ちょうしょう つかま えが そこな ひん 数行すうぎょう 一群いちぐん なか 中空ちゅうくう みずうみ なま さかずき すぐ まろ ひら すさま 看破かんぱ におい 画本えほん 様子ようす ぜん ひざ 腰蓑こしみの 秘密ひみつ けむ ふと 爾来じらい 片葉かたは 肉薄にくはく そび 狭苦せまくる たぬき ほのお 玩具おもちゃ ろく いかり 硝煙しょうえん 生動せいどう 生憎あいにく 田宮たみや ふけ 素直すなお 空箱あきばこ 石壇いしだん 綺麗きれい 突当つきあた 真顔まがお 筒袖つつそで
題名が同じ作品
少年 (新字新仮名)谷崎潤一郎 (著)
少年 (新字旧仮名)原民喜 (著)
少年 (新字旧仮名)神西清 (著)