少年しょうねん
もう彼れ此れ二十年ばかりも前になろう。漸く私が十ぐらいで、蠣殻町二丁目の家から水天宮裏の有馬学校へ通って居た時分———人形町通りの空が霞んで、軒並の商家の紺暖簾にぽか/\と日があたって、取り止めのない …
作品に特徴的な語句
幾個いくつ 肌理きめ ちん 鉄漿おはぐろ 夕靄ゆうもや 裳裾もすそ 緑青ろくしょう 上気のぼ 牛蒡ごぼう 蒟蒻こんにゃく 芥子けし 眼差まなざし 神楽かぐら 瓜実顔うりざねがお 木霊こだま 樟脳しょうのう くるぶし 潺湲せんかん 婆羅門ばらもん 殊勝しゅしょう 生地きじ うわばみ 空嘯そらうそぶ 胡弓こきゅう 総身そうしん 子息むすこ 後手うしろで 黒羽二重くろはぶたえ 胡散臭うさんくさ 渓間たにま 蟀谷こめかみ たぼ うば 舶来はくらい 紫宸殿ししいでん 半眼うすめ いか 傀儡かいらい 面立おもだち 法被はっぴ 魑魅魍魎ちみもうりょう 上戸じょうご 行者ぎょうじゃ いつわ 蠣殻かきがら 雛妓おしゃく 舌鼓したつゞみ じょう 眼球めだま かさ 強飯こわ 有繋さすが 四人よったり 七子なゝこ 下脹しもぶく 裂地きれじ 溜塗ためぬり 緋羅紗ひらしゃ 饂飩粉うどんこ はなわ 侏儒こびと 知死期ちしご 強張こわば 椎茸髱しいたけたぼ 吐月峰はいふき 河岸通かしどお ほとり 吉三きちざ 蕎麦饅頭そばまんじゅう 地口じぐち 仕丁じちょう あたゝ 喉佛のどぼとけ 機巧からくり 西京さいきょう 商家あきうどや 絵双紙えぞうし 銀沙ぎんすなご 鏗然こうぜん 煖炉棚マントルピース かわ らっきょう 臀端折しりばしょ 唾吐つばき
題名が同じ作品
少年 (新字新仮名)芥川竜之介 (著)
少年 (新字旧仮名)原民喜 (著)
少年 (新字旧仮名)神西清 (著)