“迭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かた18.2%
かたみ18.2%
かわ18.2%
たが9.1%
9.1%
がわ9.1%
たがい9.1%
たがひ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は、若い男鹿の四肢のやうに、スラリとな少年の姿を、飽かず眺めたり、父と母とにみに話しかける簡単な会話に、耳を傾けたりしてゐた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
して見ると、貧病、に至るのも、劉にとつては、幸福と云ふべきである。
酒虫 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
と、信一は欄干に腰をかけて、真っ白な柔かい足の裏をる/″\私達の鼻先へつき出した。
少年 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
良心と悪意とは白糸のむべからざるを知りて、ついにいにいたりき。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
黒吉はやっととした落着きを味わいながら、あの煎餅のかけらを持ちえると、それがさも大切な宝石でもあるかのように、そーっと手のに載せて見た。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
黒吉は、思わずに浮いた脂汗を、る肉襦袢の腿のに、こすりつけた。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
然るに世をうるの後はに兵を擁して、以て皇帝をくせり。昔は賈誼漢の文帝に勧めて、禍を未萌に防ぐの道をせり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
衆客を挙げて主人の健康を祝するや、ユウゴオなるフランソア・コツペエを顧みて云ふやう、「今この席上なる二詩人に健康を祝さんとす。善からずや」